Installation view and Works | 2009 - 2016


2016



2015




2014




2014 残響 落石計画第7期 旧落石無線送信所 (北海道)



2013 Gallery Ort Project Closing Event  11月29日 - 11月30日



2013 愛知県美術館 APMoA Project, ARCH Vol.6 藤永覚耶 空即是色 vanity is color
4月26日 - 6月23日 愛知県美術館 展示室6ほか





11:00〜19:00 インターバル撮影/愛知県美術館



2012 BIWAKOビエンナーレ2012 (滋賀)





15:00 - 18:00にかけてインターバル撮影

 五個荘・金堂まちなみ保存交流館(江戸後期に建てられた整形六間取の近江商人屋敷)二階にて、自然光を取り入れ、空間の窓サイズに合わせた作品を展示。自然の透過光で浮かび上がる図像は、時間や天候によって見え方は変化する。そこにある色彩は、絶対的なものではなく、空間と呼応するような相対的なものとなる。



2012 個展 とどまり ゆらめく keeping:moving Gallery Parc (京都)


ガラス張りの自然光を取り込みやすい空間とコンクリートのうちっぱなしの空間が特徴的なギャラリーパルク。本展では、壁面展示の新作の100号3点の平面作品に加え、ギャラリーパルクの南から入る自然光を取り入れた矩形の床設置の作品を展示した。時間や天候によって変わる自然光の状態によって作品の見え方は変化し、その色彩は、絶対的なものではなく、空間と呼応するような相対的ものとなる。


2012 個展 foliage Masayoshi Suzuki Gallery (愛知県岡崎市)

天井高のある解放的な地上の空間と、自然光の入らない閉塞的な地下の空間を持つMasayoshi Suzuki Gallery。
1Fでは、2010年以来制作していなかったストレートな絵画形式(パネル形式)に立ち戻った作品を展示。地下の自然光の入らない空間は、ライトボックス形式の作品を展示。作品から発光する光のみで空間を満たす。条件の変わらない人工の光ではあるが、空間に長く留まることで、暗順応と共に作品の見え方が変化してゆく。


2011 個展 - into the water - GALLERY GOHON (愛知県)


1F、2Fの空間を持つギャラリーGOHON。
1Fは壁面設置の作品をライトボックスの形式で人工光を用いてイメージを見せた。作品からの人工光と外からの自然光のバランスによって、時間帯によって見え方が変化する。2Fはギャラリー壁面を取り除き自然光を取り入れ、布を宙吊りにし、光を背にイメージを提示した。

2F 1点 アルコール染料インク、布、光  サイズ可変
1F 壁面設置5点 アルコール染料インク、布、LEDライト 


2010 STAY -常懐荘にて- 旧竹内邸・常懐荘(愛知県小牧市)







foliage -scene-
アルコール染料インク、布、光  2300mm×3200mm ×2点
常懐荘の8帖の和室2部屋にて展示



2010 アーツチャレンジ2010  愛知芸術文化センター(愛知県名古屋市)


foliage
アルコール染料インク、布、光  5000mm×5000mm
愛知芸術文化センター2Fロビーにて展示


2009 落石計画第二期 scattered seeds 残響 旧落石無線送信所(北海道根室市)


2009 落石計画第二期 scattered seeds 残響 旧落石無線送信所(北海道根室市)
foliage -ochiishi-
アルコール染料インク、布、光  3600mm×3600mm
旧落石無線送信所内にて展示

 

Works | 2007 - 2010

<








in crowds

 


"forest" 2008 1820mm×3640mm 

 

 

 

個展 Alice Syndrome 展示風景

 

untitled 2007 1920×3280mm

 

 untitiled 2007 1610×1300

 

Works  2004 - 2006


 

 

 

 

 

   
 
Copyright(C) KAKUYA FUJINAGA All Right Reserved.